性病対策委員会.com

淋病の性病としての隆起変について

淋病は、性交や性交類似行為により淋菌に感染することで発生する病気です。出産時に母から子に感染して、重篤な症状を発生させる場合もあります。
淋菌は感染力の弱い菌のため、人体から離れて数時間で感染力を失います。
症状は、咽頭の場合は咽頭炎、男性器の場合は淋菌性尿道炎など、女性気の場合は子宮頚管炎などを引き起こします。
男性の場合、排尿時や勃起時などに激しい痛みを伴うことが多いです。
女性の場合は、自覚的な症状が出るのに時間がかかることが多く、放置すると内臓疾患、不妊症、子宮外妊娠といった重篤な症状に至る場合もあります。
病変としての隆起変は生じることは通常なく、隆起変が生じる症状が出た場合、他の性病感染を疑うべきです。
例えば、性器などに痛みのないしこりなどの隆起変が生じた場合には梅毒を、かゆみを伴う赤いブツブツや水ぶくれといった隆起変が生じた場合は性器ヘルペスを、とがったイボのような隆起変が生じた場合には尖圭コンジローマの感染を疑いましょう。
淋病は薬によって完治するのが通常ですが、最近は薬への耐性を有した淋菌が増えてきているので注意が必要です。
淋病はクラミジアと同時に感染することも多いのも特徴ですが、治療薬や治療方法が異なるため、それぞれの検査、治療が必要となります。
いずれにせよ、性器や性交類似行為を行った部位周辺に何らかの症状が生じた場合には、性病感染を疑い、直ちに泌尿器科・婦人科などを受診すべきです。検査は至って簡単なものなので、パートナーと合わせて診断を行いましょう。
何よりもまず、性病感染の危険性を高める不特定多数との性交渉を控えるとともに、万が一病原菌と接触しても発症しないよう、健康的な生活を普段から心がけ、菌に負けない体力をつけておくよう心がけましょう。